中古トラック裏ルート

中古トラック裏ルート

中古トラックの正規の流通ルートは、中古トラック買取業者が、
直接お客様から買取したトラックを、自社で販売するルート。
そして、中古トラックオークションに出品し、
それを中古トラック販売業者が購入して、販売店で売るルートです。
しかし、それ以外に裏の流通ルートが存在する事を知っていますか?

 

では裏の流通ルートの内容について、紹介したいと思います。
新車ディーラーが新車を売る際に、下取りした中古トラックを、中古トラック販売店に売るルートです。
このルートは「溶かし」と呼ばれる手口です。
なぜ溶かしと呼ばれるのかというと、中古トラック販売店に売る際にオークションなどを介しません。
そのため、中古トラック販売店は通常よりも安く買付する事が出来ます。
そしてディーラーは、買付で得た利益を会社に報告しません。
下取りがあった事実自体を、存在しなかった事にしてしまうので、
溶けたという意味で「溶かし」なのです。

 

また次の裏ルートも、ディーラーが関わっているルートです。
それは、新車が納品時に突然キャンセルされてしまう事があります。
しかしキャンセルされた新車は、新車登録をしてしまった後なので、
新車としてメーカーに返品する事が出来ません。
つまり、まだ未使用な状態であっても、新車ではなく、中古車になってしまいます。

 

キャンセルされた事を会社に報告すれば、営業マンは自分の業績に響いてしまいます。
そこで、中古トラック販売業者に買取してもらいます。
当然、買取価格は新車価格より、大幅に下がります。
しかしそれでも全て自腹になるよりもマシだと言えるでしょう。

 

裏ルートという言葉を使うと、怪しげな中古トラックを押し付けられるのでは、と不安に思うかもしれません。
しかし状態のいい中古トラックを、安く購入出来るお得なルートだと言えるのではないでしょうか?