自動運転技術はトラック業界を大きく変える

自動運転技術はトラック業界を大きく変える

世界のトヨタはもちろん、今こぞって自動車メーカーが注目している技術が、自動運転技術です。
自動運転とは、ドライバーが存在せずに、自動車やトラックが走行可能な技術の事です。
遠い未来の話のように、思っている人もいるかもしれません。

 

しかしすでに、アメリカでは自動運転トラックが公道を走る事が許可されています。
そして自動運転の技術の安全性が確認され、
一般的に利用されるようになれば、運送業界、物流業界は大きく変化するでしょう。
いきなりドライバーがいない状態で、自動運転を行う事はまだ難しい状況ですが、
こんなふうに自動運転技術を活用する事は可能です。

 

例えば、走行環境認識技術により、天候や積雪路の状況が把握出来れば、
悪天候時の事故を減らす事が出来るでしょう。
またドライバー状態認識技術により、ドライバーの居眠り運転、飲酒運転、
そして突然の体調不良による運転を防ぐ事が可能です。
安全な方向に処理するフェイルセーフ技術や、
車間距離制御システムを搭載すれば、安全性を高める事が可能です。

 

自動運転の試験段階で、システムが信号を認識出来なかったなど、
まだ実用化に向けてクリアしなければいけない問題はたくさんあります。
もし、自動運転で事故が発生した際の責任問題等の法律的な問題もクリアしなければいけません。
しかし自動運転が実現すれば、私たちの自動車やトラックとの関わり方も大きく変化するでしょう。

 

実用化が実現しても、しばらくは高額なため、
新車購入は手が出ないからと、中古トラック市場も注目されるはずです。
今後どうなっていくのか、自動運転については、目が離せませんね。