電気トラックについて

電気トラックについて

電気自動車は少しづつ普及が進んできています。
しかし、まだ大型トラックの電気トラックの実用化は難しいと言われています。
そんな中で電気トラックで注目されているのは、小型電気トラックの「?-NT400」です。

 

日産自動車が開発し、すでに日本郵政や佐川急便でテスト車輌が行われています。
電気トラックのメリットは、なんといっても地球に優しいという点に尽きます。
電気トラックは電気で走行するので、ガソリンを使用しません。
そのため、二酸化炭素の排出量はゼロになります。
実際に小型電気トラックを運転したドライバーの意見は、騒音や振動が少なく、走行が静かである事。
そして加速性能が高い事が挙げられています。
騒音が少なければ、静かな住宅地に荷物を運ぶ際にも、騒音で住民に迷惑をかける心配がありません。
また振動が少なければ、荷崩れがしにくいため、作業効率がはかどるというメリットもあります。

 

電気トラックなら、ガソリン価格の変動に振り回される心配もなくなり、経営が安定するでしょう。
ただし、実現に向けては、今後いくつかクリアしなければいけない問題があります。
それは、電気小型トラックを充電する事が出来るインフラ整備と、そしてコスト面です。
現状では、電気小型トラックの車両価格は非常に高額です。
しかし今後、電気小型トラックの普及に、中古トラック市場も一躍かってくれるはずです。
地球環境の問題は、後回ししてもいい問題ではありませんから、
地球に優しい電気トラックが今後少しでも早く普及して欲しいですよね。
また電気小型トラックだけでなく、技術開発が進み、電気大型トラックの実用化も実現して欲しいところです。