M字問題の解決策に中古トラックを活用

M字問題の解決策に中古トラックを活用

あなたは「M字問題」について知っていますか?
M字問題とは、運送業や物流業に関わる人が頭を悩ませている問題です。

 

私たちの多くは9時〜17時の時間帯で働いていて、
昼間に自宅に荷物が届いても、受け取る事が出来ません。
そして帰宅すると、玄関には不在通知が残されていて、
その不在通知を見て、夜に再配達を依頼する。
そんな経験をした事がある人は多いでしょう。
つまり荷物の配達時間が、朝と夕方以降に偏ってしまう問題を、
M字問題と呼んでいるのです。

 

朝と夕方以降に配達が偏ってしまうため、ドライバーは拘束時間が長く、低賃金になってしまいます。
そのためドライバーを希望する人が少なく、ドライバーは慢性的な人手不足に陥ってしまいます。
ですが、ネットショッピングを利用する人は増加傾向にありますから、運ぶ荷物は今後ますます増えていきます。
その結果、ドライバー1人あたりの負担が増し、
労働環境の悪化を原因に辞めてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

 

M字問題の解決策としての取り組みは、
短時間勤務を望む人に朝だけ、夕方だけなど、M字勤務で働いてもらう事。
また女性ドライバーも労働力として、積極的に採用する企業は増えています。
そしてM字問題の解決策として、中古トラックで経費削減を行う事も考えてみてはどうでしょうか?
新車で購入するよりも半額以下で抑えられ、経費削減した分を、人件費に回す事が可能です。
少しでもドライバーの労働環境の改善につながり、
人々の日常生活の利便性につながる、中古トラックの役割は大きいと言えるでしょう。