新小型トラックについて

新小型トラックについて

トラックの規模によって、小型トラック、大型トラックと分類されている事を知っている人は多いと思います。
しかし新小型トラック、という言葉を聞いた事がありますか?
新小型トラックとして有名なのは、三菱ふそうトラック株式会社から発売された「カゼット」です。
カゼットの商品名の由来は、風のように動くイメージから名づけられました。
新小型トラックは、環境に優しく、燃費性能が高く、操作性に優れています。
小型トラックと新小型車トラックの違いは、
ディーゼルエンジンを効率的に使用する尿素SCRシステムを搭載している点です。
尿素SCRシステムを搭載した事により、低排出ガス車として認定されています。
またヂュアルクラッチ式のAMTを採用した事で、
省エネでありながら、ギアチャンジがスムーズで、力強い走りを実現しています。

 

従来の小型トラックユーザーのニーズに、より的確に応えていると言えるでしょう、
今まで小型トラックは、キャンターやエルフが人気車種として、中古トラック市場では高額買取されていました。
まだ知名度としては、キャンターやエルフほど高くはありませんが、
カゼットは今後新小型トラックとして注目されていくでしょう。

 

そうすると当然、中古トラック市場でも、高価買取されるようになるはずです。
ちなみにカゼットの前に、三菱ふそうトラック会社で、
小型トラックとして販売されていた「コンドル」はモデルチャンジ前という扱いになります。
そのため買取価格は下がってしまいますが、
逆に安く中古小型トラックを購入したいという人にとっては狙い目の車種となるかもしれません。