中古トラック・純正品とは

中古トラック・純正品とは

もしトラックが修理が必要な状態になった場合、
修理に使用する部品は、純正部品と社外部品のどちらかを使用する事になります。
では、どちらを使用するのがいいのでしょうか?

 

まず社外部品と純正部品について、簡単に説明したいと思います。
社外部品とは、その言葉通り、会社の外、つまりメーカーでは販売していない部品の事です。
純正部品とは、メーカーで販売されている部品の事です。

 

普通に考えた場合、修理の際には、
そのメーカーで販売されている純正部品を使った方が技術面でも安全面でもいいはずです。
しかしなぜ、あえて社外部品を使うケースがあるのかというと、純正部品と比べると安いからです。
特に国産車ではなく、外車に乗っている場合は、
純正部品で修理するとかなりの金額になってしまいます。
少しでも修理費を抑えたいという場合、社外部品を選択する人も少なくないでしょう。

 

ただし、社外部品でも純正部品に劣らない品質の商品もありますが、
中には粗悪品も混じっているので注意が必要です。
そして車検の際にも、純正部品なら、車検に通らないなんて可能性はありません。
しかし社外部品の場合は、音の大きいマフラーや規格外のエアロパーツなどを使用していると車検に通りません。

 

他にもトラックを売る際に、中古トラックの買取業者の査定額に違いが出ます。
修理で社外部品を使っているよりも、
純正部品を使っている方が、高価買取になるケースが多いでしょう。

 

安易に料金が安いからと、社外部品を選んでしまうと、
長い目で見れば損する事もあるので、注意して下さいね。