なぜトラックドライバーの喫煙率は高いのか?

なぜトラックドライバーの喫煙率は高いのか?

現在、喫煙者の数は減少傾向にあります。
職場や公共の場では、禁煙スペースが増え、
健康のために禁煙するという人も多いでしょう。
そんな百害あって一利なしの喫煙ですが、
実はトラックドライバーの喫煙率は、他の比較して圧倒的に高くなっています。

 

ではなぜ、トラックドライバーの喫煙率が高いのでしょうか?
トラックドライバーが喫煙をする理由は、労働環境が深く関係しています。
長時間の運転のため、眠気覚ましに喫煙するという人が多いのです。
眠気覚ましなら、コーヒーを飲めばいいと思うかもしれませんが、
コーヒーの場合はカフェインには利尿作用があります。
長時間運転には適度はトイレ休憩も必要ですが、トラックを駐車出来る場所は限られています。
なので、あまりトイレ休憩を増やすと、仕事の効率が落ちてしまうのです。

 

また眠気覚ましではなく、ストレス解消のために喫煙をするという人もいるでしょう。
それだけトラックドライバーの労働環境が、過酷でストレスが溜まるというわけです。

 

そして回りがみんな吸っているので、自分だけ禁煙しても意味がないと思ってしまうのでしょう。
確かに副流煙を吸ってしまいますし、トラックの室内にはタバコのヤニのニオイが染み込んでしまっています。
ですが、そんな状況だからこそ、運送業、物流業者は禁煙者を増やすよう努力するべきです。

 

企業によっては、禁煙させる事で、従業員の健康を確保する事が出来ます。
またトラックドライバーが喫煙しなければ、
室内がヤニのニオイがする事もなくなり、エアコン等のメンテナンスの頻度も下がります。
そして何よりも、中古トラック買取の際に、高額買取してもらえる可能性が高くなるでしょう。