燃費改善・スーパートラックがすごい

燃費改善・スーパートラックがすごい

原油価格の暴落が原因で、現在ガソリンの価格は安くなっています。
消費者にとっては助かる話ですが、ガソリンの価格は安くなったり、高騰したりと安定しませんよね。
なので、特に長距離移動をする事が多い、トラックの場合は、燃費の良さに拘る人も多いでしょう。

 

もともと日本のトラックは、世界と比べると燃費の良さには定評があります。
しかしアメリカで、すごいトラックが開発されたと話題になりました。
そのトラックは、フレイトライナーと呼ばれ、燃費が2倍以上に改善されています。
この燃費改善技術は、ハイテク装備によって実現可能となりました。

 

ハイテク装備の一部を紹介したいと思います。
まず車のボディが新幹線のような流線型のデザインを取り入れています。
そして高速道路を走行する時には、車体を低く保ち、車の抵抗を抑えます。
また車体は軽量化され、従来のトラックと比べると320Kgも軽くなっています。
タイヤやトレーラーの間には、ギャップを埋めるサイドボードを設置しています。

 

これらのハイテク装備により、燃費は大幅に改善され2倍以上になったのです。
フレイトライナーが別名スーパートラックと呼ばれるのも納得ですよね。

 

今後日本のトラックでも、燃費改善技術が取り入れられていくでしょう。
そのため、新車トラック、中古トラック問わず、トラックを購入する際には、その価格だけで購入を判断せずに、
維持費も考慮して、燃費の良さにも注目して下さいね。
耐久性も備わったトラックは、購入後数年、十数年と長く使用する事になります。
そうすると、十数万円購入価格が安い事よりも、1年でガソリン代が数万円安くなる方が、よほど重要です。